革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

SEO対策と経営

SEO対策の重要性

今やサイト運営に欠かせないSEO対策。

 

今からSEO対策を始めるという段階はすでに過ぎ、最近では現在契約中の
SEO業者との契約見直しという次のステップに入っているように思います。

 

SEO対策についての状況がめまぐるしく変化する今、SEO対策業者も
その手腕を大いに問われています。

 

対策

ネットの世界はいまやどんどんと進化しています。


それについていかなければ、どんなに良いサイトでも大量のサイトに
埋もれてしまいます。

 

それではそんなサイトは存在しないも同然。
ですから、検索エンジン最適化業者はクライアントに応えるべく、
日々進化していく必要があるのです。

 

悩む

 

SEO対策って答えがないものです。
ですからSEO対策業者も躍起になって試行錯誤するのです。


自分自身でSEO対策をやってみてるけれどなかなか成果が出ない方も
いらっしゃるでしょう。


そんな方も一度立ち止まって、冷静に分析してもらえる第三者の助言で
道が開けることもあると思います。


情報や業者が溢れる時代、冷静な判断が求められます。

そんな今だからこそ、SEO対策とサイト運営について改めて考えてみたいと思います。

 

検索エンジンの進化とともに歩んできたSEO対策の歴史

1990年に、世界で初めてArchieと言う検索エンジンが誕生しました。
当時はクラウド型ではなく、各サーバーに搭載されたクライアントサーバー型の
検索システムだったのです。


Archieは、それぞれのサーバーごとに搭載されていたので、現在のように
表示順で優位に立てるという概念自体が存在しませんでした。


後にディレクトリ型の検索エンジンが、一般化していきます。
その当時のSEOの施策は検索する人はカテゴリで絞り込んで閲覧するため、
同じカテゴリの中に登録されている競合他社のウェブサイトの範囲中で
出来るだけ上位の方に表示させることでした。


更に時間が経過すると、ディレクトリ型からロボット型に移行され、
クローラーやスパイダーと呼ばれるロボットが自動的に全世界のウェブサイトを
巡回して登録することによって、膨大な件数のウェブサイトを検索の対象とする
仕組みが主流になっていきます。

するとページの中にキーワードが出現する確率以外にリンクと呼ばれる
新しい評価基準が採用されました。 そうすると、その基準で評価されるために
リンクを大量に貼っただけのウェブサイトがたくさん登場します。


そうすると検索する人の要望に副わないウェブサイトが多くなったので
役立つコンテンツだけを評価して、それ以外のウェブサイトは
排除する仕組みのアルゴリズムに進化していきました。